2017-12-14
L.A料理出張 – 無事帰国…私達が勉強させて頂いた事

新婚旅行以来の渡米が、21年ぶりに、2人で料理出張になんて事は思い描いてなかった事。

今年は二カ国に身をおいて現地での仕入れから料理まで経験させて頂きました。

海外でのお客様を掴む為だとか、出店のきっかけになればとかで行く目的は私達の中では一切なく、自分達が持ち合わせていない感覚を発見して、心で衝撃を受けて帰って来る。

帰国してから其々のポジションでの仕事に知らず知らずの内に反映されるのが楽しみなのと、活かせる事が多いから行くんだと思います。

アメリカはやっぱり全部スケールが桁違いだったし、素敵な文化だと感じた所、又、逆に自分達では着いて行けない所もありました。

母国を離れアメリカで頑張ってる諸先輩方は、相当な努力と覚悟をもってチャレンジされている事も相当感じたなぁ〜

確実に発見と衝撃と刺激だらけの数日間でした。

また明日から大将は仕込みが始まり、私は色々打ち合わせも始まって行きます。

現地での料理出張が終わって滞在先の部屋に戻って大将と話した事…

【岐阜で大将の料理を食べたいと言って下さるお客様がいる事の大切さ。有難さ】でした。

来年は、コツコツ今年一年吸収しまくった事を、腰を据えてジィーっと努力して行こうと思います。

タイミングは待ってても来ないから、自分達がしたい事やってみたい事をいつでも明確に暖めていた一年だった。

タイミングやチャンスがこぼれて来たときに、直ぐに腰をあげさせてもらえた環境と、チャンスを与えて下さった御支援下さった方々に感謝を込めてロサンゼルスリポート締めくくりたいと思いますm(__)m

 

カテゴリー:ブログ