2019-04-16
オーストラリアに来て4カ月目に入ります

年始より私達は、自店【teizen こう㐂】を一時休業し、3年間という期限を決めて豪州へ発ちました。

現在【在豪日本国大使館】公邸料理人として夫婦で日々奔走しながら赴任しております。
早いもので4カ月目に入っております。
なかなか細かな内容などを記す事が出来ないなりに私は、色んな意味を込めてこれからも書き留めて行きたいと思ってます。

毎日ドラマティックな日々、ではなくてですね・・・やはり色々ありますし、色々心境や、価値観…
私もそんな風に感じるんだぁぁって発見しながらの日々です。

最初につまずいた事・・・

商売の頭と、そうでない頭のファイルが、なかなかカラダの中で判別出来なかった事です。
コレは、夫婦共にとまどまいました。
だって私達は、今でも商売人ですから。商売が大好きだから。

商売は原価があって売値がありますが、現在は違います。
電話の対応だって、いつも毎度有難うございます!!なんて言わない…勿論次の予約承ります!!なんて事もない…

全てが、0か100!!白か黒!!明確です。端的に仕事をする!!
意外にも主人は、これに関しては難なく順応…

調子の良いグレーで生きてきた私は、早々にアレルギーが出始めた事を思い出します。笑
今では、館員の皆様の切なるトレーニングのお陰様により、そういったファイルを持ち合わせるスベを習得出来たと思っておりますが。

今私達が身を置く職場は、私達以外、全員それが普通なのです。

仕入れだって、ついつい原価を考えてしまう自分達…
心の中でコレ自分だったらCorse料金幾らで設定するかな!?とかって考えなくていい事を考えたりして…

そんなこんなで、モジモジの数日間が過ぎた頃、大使夫人が、【貴方たる職人が…】と仰っしゃいました。

目が覚めたような気がしました。

決してお金をかけて仕入れをしなさい!!という事ではなく、そのゲストに対してどんな料理を作るのか?何を作るのか?どう感動させたいのか!?でしょう…
という事を夫人は仰ってくれました。
商売人である諸々の戸惑いはもうお見通しのようでした。

その部分は、商売やってる時と思いは変わらないんですよね。提供する相手様が、お客様とゲスト様の違い以外、料理を作る根本的な想いは、一緒かもって…

そこから今に至ります。→だいぶ飛んだ…!?

毎回の会食設宴の度に越えなければいけないハードルがあり、頭抱えますが、人生級のドMの私達夫婦は、いつまでもニコイチで乗り越えて行くべく、健康に留意しながら、郷に入っては郷に従えで成長する為にに来ています。

以上節目の投稿でした!!

離れていてもいつも、お付き合い下さる方々のお陰でホームシックにならずにいます。
本当に感謝申し上げます。

これからも私達夫婦をどうぞ宜しくお願い申し上げます^ ^

高見 直樹
愛子

カテゴリー:ブログ