2018-03-21
有難うの日 5周年

記念の高根特別courseも沢山のお客様にご来店頂きました。

そして無事5周年を迎える事も出来、感謝と安堵です。
5周年の今、4周年とまた違う気持ちで迎えています。

意気込んでいない自分達になって来ました。
満席である事だけが好ましいと思わなくなりました。
むしろ、1組のお客様にどれだけの勝負が2人で出来るかの方が大切だと感じています。

不定休で、ランチ営業も辞めて、いつやってんだか分からない、万人に受け入れられる飲食店のやり方とは逆行しているかもしれませんが、あと1年を生き延びて行ければとやっています。

ライフワークとなっている旅とセットになっている素材探求と現地住民探求は、勝手にカラダが動いてしまっているのでこれからも続きます。

妥協せず、いつしか安住も望まなくなって来ました。

一生は一瞬です♪

私にとってこう㐂は子供のように大切ですが、大将はもっと大切で貴重な存在。
神様のようにも思っているし、宇宙人とも思っています。
何を考えているのか時々異空間に行ってしまっているけれど、大将という料理人は本当に凄いなぁ〜と時を重ねるたびに強く思います。
とは言え、こう㐂としては、やっぱり2人でこう㐂が成立していると思っています。
teizen の zen は 膳という意味があります。
私達夫婦2人でしか出来ない”お持て成し”をこれからも、続けて参りますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

皆様も、素敵な春をお迎え下さいませ。

日本料理 teizen こう㐂

カテゴリー:ブログ